さよならFlash!第2.5弾 Microsoft Edgeの「Click To Flash」

先週木曜日に、FirefoxのFlashサポート縮小について記事を投稿したところ、Edgeブラウザに関する4月のMicrosoftの発表について指摘するコメントがいくつか寄せられた。

著者: F-Secure Business Security Insider
日付: 2016年08月10日
読了時間: 0 分

アンディ・パテール

FirefoxのFlashサポート縮小について記事を投稿したところ、Edgeブラウザに関する4月のMicrosoftの発表 (英文)について指摘するコメントがいくつか寄せられた。これは、Edgeブラウザも「Click To Flash(クリックしてFlashを再生)」方式に変更されるというものだ。発表によれば、ウェブページの中心に配置されていないFlashプラグインは自動的に一時停止されるようになり、ゲームや動画などのコンテンツはこれまで通りに実行されるという。そうしたEdgeの変更はWindows 10のアニバーサリーアップデートで提供される。

もちろん、4月の時点でこのニュースには注目していたし、MicrosoftおよびEdgeチームの英断に対しては賛辞を送りたいと思っていた。

ms-edge-logo
Microsoft Edgeのロゴ(画像の出典元: microsoft.com)

では、なぜその時点で取り上げなかったのか。Edgeが動作するのは、新バージョンのWindowsにおいてのみである。Microsoftが掲げる10億台のWindows 10という目標は実現が危ぶまれているようであり、現時点でWindows 7のシェアはまだ50%近く英文)ある。そのため、FlashとMicrosoft Internet Explorerに関する発表のほうが極めて重要であると思われ、そうした発表を今でも待っている状況なのである。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中