スマートデバイスセキュリティ:エフセキュアFreedome for Business

Wi-FiセキュリティとVPNソリューションで外出先でも安心してモバイルを活用可能にBYODやリモートワークなど、新しいワークスタイルの導入を支援

著者: F-Secure Business Security Insider
日付: 2016年06月07日
読了時間: 0 分

企業におけるスマートフォンやタブレットなどのスマートデバイスの導入・活用が増加するにつれて、情報漏洩やウィルス感染などのセキュリティに対する懸念が高まっています。

スマートデバイスを導入している企業の管理者の多くは、セキュリティとしてパスワード設定、盗難対策、ウィルス対策を重視していますが、実際には、その他にも、盗聴や位置情報の漏えいなどの危険性があることはあまり認識されていません。現在、スマートデバイスユーザーの大半が公衆無線LANを利用していますが、悪意あるハッカーがなりすましアクセスポイントを用意して、接続したユーザーの通信内容を盗聴したり、暗号化されていない、または暗号が弱いアクセスポイントでは、通信内容が盗聴されたりする脅威があり、Webサービスのログイン情報やメール内容を盗み見られてしまう可能性もあります。

エフセキュアの法人向けクラウド型「エフセキュアFreedome for Business」は、ウィルス検査(Android版のみ)、追跡情報収集防止(トラッキング対策)、危険なURLへの接続防止(ブラウザ保護)、通信暗号化、仮想ロケーション、パスワードポリシー設定、盗難対策、端末ステータス監視などの機能を備えています。

デバイスへのアプリのインストールは、管理ポータルから招待メールを送り、ユーザーがダウンロードして行い、パスワード管理やリモート操作は、管理者が管理ポータルから一括で行うことができます。管理ポータルは、エフセキュアがクラウドサービスとして提供するので、お客様でサーバーなどを用意・運用する必要はありません。

エフセキュアは、こうした高まる懸念を受けて、「エフセキュアFreedome for Business」を従来価格の50%以下の特別価格でご提供開始します。※尚、本キャンペーンは好評につき、2016年12月22日エフセキュア受注分まで期間延長いたします。

※尚、本キャンペーンは好評につき、2016年12月22日エフセキュア受注分まで期間延長いたします。

報道発表資料全文を読む

 


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中