エフセキュアの新社長兼CEOにSamu Konttinen(サム・コンティネン)が就任

現CEOのChristian Fredrikson(クリスチャン・フレドリクソン)は退任

著者: F-Secure Business Security Insider
日付: 2016年06月06日
読了時間: 0 分

samu_konttinenエフセキュア株式会社(本社: 東京都千代田区、カントリーマネージャ キース・マーティン)は、 エフセキュア本社(フィンランド、ヘルシンキ)の取締役会が、2016年8月1日付でSamu Konttinen(サム・コンティネン)を新社長兼CEOとする決定をしたことを発表します。現在の社長兼CEO、Christian Fredrikson(クリスチャン・フレドリクソン)は退職し、社外にて新たな経営の要職に就くことになります。

新社長のコンティネンは2005年にエフセキュアに入社後、セールス・マーケティング担当上席副社長、コンシューマー事業担当上席副社長など、幅広く経営の要職を歴任してきました。2009年からは経営幹部の一員であり、直近では法人向けセキュリティ事業担当上席副社長の職に就いていました。

エフセキュア取締役会長のRisto Siilasmaa(リスト・シーラスマー)は次のように述べています。「取締役会一同により、エフセキュアの新しい社長兼CEOにコンティネンが任命されたことを謹んでお知らせいたします。コンティネンは、エフセキュアでの10年を超えるキャリアの中で、イノベーションを推進する力を実証し、当社の成長を実現する戦略を着実に遂行してきました。その勝利を招く姿勢と職務遂行に対する優れた集中力により、エフセキュアがヨーロッパ有数のサイバーセキュリティ企業となる日がさらに近づくでしょう。 」

サム・コンティネンは次のように述べています。「このたび、社長兼CEOに任命され、熱い思いに満ちています。当社はサイバー攻撃から企業や人々を守る会社として、数千に及ぶ企業や数百万に及ぶユーザーから信頼を得ています。その事業戦略により、今後の成長への準備も整っています。当社はセキュリティ業界の中で最も優れた人材を擁しており、その社員全員が一丸となり、ネットワーク社会における新たなビジネスチャンスの獲得において優位に立つことを目指しています。」

報道発表資料全文を読む


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中