ガートナー社がエフセキュアをVisionary(ビジョナリー)に選定

ガートナー社のエンドポイント保護プラットフォームに関する2018年マジック・クアドラントでエフセキュアをビジョナリーとして評価

著者: F-Secure Business Security Insider
日付: 2018年01月26日
読了時間: 1 分

ガートナー社のエンドポイント保護プラットフォームに関する2018年マジック・クアドラントでエフセキュアをビジョナリーとして評価

フィンランド、ヘルシンキ発 – 2018年1月26日:グローバルサイバーセキュリティプロバイダーのエフセキュアは、ガートナー社(Gartner,Inc.)が発行した、「2018 Magic Quadrant for Endpoint Protection Platforms(EPP)」(エンドポイント保護プラットフォームに関する2018年マジック・クアドラント)において、ビジョナリーとして選定されました。エフセキュアが、人と機械の両方の強みを活かし、優れたエンドポイント保護・検出・対応セキュリティソリューションを組織に提供していることが評価されたものです。*

エフセキュアのCEO、Samu Konttinen(サム・コンティネン)は次のように述べています。「高度な技術および人工知能(AI)と、人が持つ最高の専門知識のユニークな組み合わせ、ならびに30年近くお客様を脅威から守ってきた豊富な経験が、当社の最先端セキュリティソリューションを支えています。ガートナー社は、当社のこれらの実績とソリューションを高く評価してくれたものと考えます。そして、エフセキュアは、当社の持つ強みを活かして、世界中のさらに多くの組織に包括的エンドポイント保護・検出・対応ソリューションを提供し続けています。今回の選定はその努力が認められたものと言えます。」

エフセキュアの最新の企業向けエンドポイント保護には、クラウドベースのプロテクションサービスビジネス、およびオンプレミスのセキュリティソリューションであるビジネススイートなどがあります。どちらのソリューションも、ビヘイビアベースの保護機能を組織に提供しています。エフセキュアはこの機能により、第三者のAV-TESTから、栄誉あるベストプロテクション賞を5回も受賞した史上初のベンダーになりました。**

両ソリューションとも、過去1年間にわたって組織の真の課題に対処しつつ、最新の脅威から保護するため、数々の改善が加えられました。例えば、プロテクションサービスビジネスに、新DataGuard機能を追加しました。この機能は、ランサムウェアなどの脅威に対する保護層を追加し、組織に対して、強力かつユニークで簡単なパスワードが容易に使用できる新たなパスワード保護機能を提供します。さらに、ソフトウェアアーキテクチャを改善しました。これにより、エフセキュアは2週間ごとに更新プログラムや新機能を開発し、提供することができるようになりました。

エフセキュアは、Rapid Detection Serviceと呼ばれるエンドポイント検出・応答(EDR)ソリューションも提供しています。また、ガートナー社の「Redefining Endpoint Protection for 2017 and 2018(2017年と2018年のエンドポイント保護の再定義)」報告書によれば、「100%の保護は現実的ではなく不可能だとの認識が受け入れられつつあることが、ソリューションの導入を牽引しており、あらゆる規模の組織がインシデントの検出・調査・対応を求めています。その結果、EPPソリューションはEDRソリューションの機能の一部を組み込み、またEDRソリューションはEPPソリューションの保護機能の一部を組み込む傾向にあり、顧客はこれらの機能を1つの統合パッケージで購入したいと考えています。***

エフセキュアは、これらの検出・応答機能を含むポートフォリオを継続的に改善しており、当社の製品は、新たな脅威や既存の脅威に対して包括的な保護を提供しています。

エフセキュアの企業セキュリティ担当上級副社長、Jyrki Rosenberg(ユルキ・ローゼンバーグ)は、次のように述べています。「エフセキュアは、現代のサイバー攻撃からの防御に苦労している、多くの企業からの要請に応えるセキュリティを提供することをコミットしています。エフセキュアのビジョナリーとしての評価は、このコミットを反映していると考えています。」

「当社はお客様の声に耳を傾け、そのニーズに沿った製品、プロセス、ソリューションをデザインしています。お客様と、その資産、ビジネスをどのように保護するか、その解決策を真に理解しています。当社は、ガートナー社のエンドポイント保護のための2018年マジック・クアドラントでビジョナリーに選定されたことを大変光栄に思います。」

*出典:https://www.f-secure.com/en/web/business_global/gartner (英語)

**出典:https://press.f-secure.com/2017/02/01/f-secure-wins-av-test-best-protection-award-for-fifth-time/ (英語)

***出典: Gartner, Redefining Endpoint Protection for 2017 and 2018(ガートナー社、2017年と2018年のエンドポイント保護の再定義、2017年9月29日), Ian McShane, Peter Firstbrook, Eric Ouellet, Craig Lawson, 29 Sept 2017

ガートナー社の免責事項

ガートナーは、リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高の評価を得たベンダーのみを選択するようテクノロジーの利用者に助言するものではありません。ガートナーリサーチの発行物は、ガートナーリサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。

 


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中